TwilightSmile

 ~ 定年 another story ~

イタリア旅行での不安な点

先だっての顔合わせ会(こちら)以来に今日息子が家に帰ってきました。
息子は公務員です。連休中は暦通りの休みだそうです。結婚を控え新しい生活への準備を進めている話など聞きました。
結納なし、式なし、という結婚なので親の出る幕はほとんどありません。二人仲良くやっていってくれればそれで良し、と幸せを祈るばかりです。

息子にはイタリア旅行の日程や緊急連絡先、海外旅行保険などのファイルを作ってある旨伝えました。無事に日本に戻ることが当然に大前提ではありますが、昨今いつどこでテロに巻き込まれるやもしれません。このファイルは万全を期すための備えです。
それと・・私海水魚を飼っているんですよね。その餌やりも頼みました。快く承知してくれました。笑

・・

昨日だったか、イタリアでの会話に不安を持っていると記しましたけれど、今回のイタリア旅行、そのほかにもいくつかの不安があります。帰国後その結果がどうなったか記すためにここに今持つ不安を列挙しておこうと思います。

1.まず会話。20年以上英会話すらしていない。とんと英語なんて忘れてしまっている。ましてやイタリア語なんて・・。ちなみに妻は外国語を話せません。
2.ミラノで最後の晩餐の鑑賞。結局直では予約を取れず、GetYourGuideで予約したが、取れたチケットが英語のガイド付きツアー。現地での集合が予約時間の15分前にサンタ マリア デッレ グラツィエ広場とだけなっている。自信のない片言の英語で待ち合わせ場所でちゃんと合流できるだろうか、そして英語のツアーではぐれないだろうか。
3.スイス(サンモリッツ)への日帰り旅行。ミラノ~ティラノ(2時間半)、ティラノ~サンモリッツ(2時間半)。片道5時間、往復10時間の強行軍。イタリアは特に列車の遅延が日常的にあるというが、予定通り往復できますように。
4.ベネチアでのゴンドラ。これは予約していないので現地で直接ゴンドラ乗りと交渉になるが、これも拙い語学力でそつなく交渉できるだろか。
5.帰国時ブリュッセルでトランジットの時間が8時間あるのでベルギーに入国ししょんべん小僧を見てくる予定。限られた時間での観光なので入出国がうまくいくかどうか。
6.その他・・(うーん)

・・書きながら、何とかなるさ、っていう気になってきた。笑
さてさて、結果どうなったかは帰国後のブログを乞うご期待ってことで。
(って誰も読んでくれてないでしょうけど。)苦笑

・・

とは言え。
帰国後はFPの勉強に専念しなくちゃね。
一応5月26日の試験、申し込んでありますのでねぇ。汗汗
(今の現状からすれば9月試験を目指すしかないのが現実的ですが・・さぼりすぎ)

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング