TwilightSmile

 ~ 定年 another story ~

茜秋時代

0泊2日で甲子園に行くことにしました

無茶苦茶甲子園に高校野球を観に行きたくなって・・行くことにしました。 やりたいことはやる。(できることなら)還暦原点(こちら)。茜秋時代(こちら)。 青春の頃、私は自転車で日本一周をしたのですその日その日雲水の如く旅をしたのですそのころの私…

明確に分かっていることは、今の私が無職であること。

そもそも180日前に私はこのブログを始め(こちら)、淡々とプロローグを綴り、5月の定年後が「本章」と位置づけ(こちら)、これまで「前章」を書いてきました。定年退職した私は今やっと出発点に辿り着いたわけです。 ですが、出発点に立ったはいいけれど、…

定年の日。Note ~出発の歌 -失われた時を求めて-~

『乾いた空を見上げているのは誰だ おまえの耳をふさがせたものは時計の森 自由な日々が失われた時に 残されたものは出発の歌 さあ今銀河の向こうに 飛んで行け さあ今宇宙に さあ今未来に さあ今宇宙に さあ今未来に 飛んでゆけ 』(~上条恒彦+六文銭~歌…

還暦原点考察3~『青春は短い。宝石の如くにしてそれを惜しめ。』~

先日こちら記しましたが、長い休みにある私は、日中、ふっと、いろいろ考え、いろいろ思い出します。それは、考えては消え、思い出しては消え、、と刹那的なものです。なので、書き残しておかないと二度と思い出さないかもしれない。それはもったいない。。…

還暦原点考察2~還暦原点とは~

『還暦原点』とは私が私に説く私の新しい物語、その出発の原点を言う。私はプロローグ(こちら)で記した通り、私のもう一つの物語、内容が違った新編を、「時計の針を40年近く戻し、22才の大学卒業くらいまで戻して始める」とした。そして還暦の「原点」は…

還暦原点考察1~茜秋時代とは~

来月60才を迎えようとしている今、私の次なる物語の構想は未だ真っ白、白紙である。ただ、思い描くイメージは茜色に染まっている。それはきらきらと輝いた夏の太陽が傾き、そよと秋の風が肌に感じ、西に沈みゆく太陽が染める空の色。 この間、チコちゃん(TV…