TwilightSmile

 ~ 定年 another story ~

イタリア旅行記(三日目分)UPしました

2019年5月3日~5月12日。妻と二人のイタリア旅行。
この旅行は私の定年前、還暦前の妻への感謝の旅でした。

私にとっては25年以上ぶり、妻は初めてのイタリア。
ツアーではなく全て自分で手配した個人旅行。
メモと記憶を頼りにバックデートして旅行記を書きます。
本日は三日目の分を投稿しました。(こちら

・・

以下、旅行記のリンクです。
それぞれUP次第リンクしてゆきます。

初日(5月3日) 成田~ブリュッセル経由 ミラノ(6/9UPしました)
二日目(5月4日) ミラノ観光 ※最後の晩餐 ドーモ(7/3UPしました)
三日目(5月5日) スイス サンモリッツへ日帰り旅行(7/20UPしました)
四日目 ベネチア日帰り旅行
五日目 ピサ ※ピサの斜塔 フィレンツェ
六日目 フィレンツェ ※ドーモ アカデミア美術館
七日目 ローマ ※バチカン市国
八日目 ローマ ※コロッセオ
九日目 ローマ~ブリュッセル ※ベルギー入国
十日目 ~成田 帰国

・・

 

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

シニアライフ・相続アドバイザー認定証

合格者は翌日認定証をPDFで出力できるということでしたので打ち出しました。汗

シニアライフ・相続アドバイザー認定証



で、この試験の内容って、まさしく還暦定年した私そのものっていう問題が多くありました。例えば↓

任意保険者制度問題


これは昨日写真をUPした問題集「金融業務3級シニアライフ・相続コース」の試験問題集の中の問題です。
「まもなく定年退職を迎えます。退職後、現在加入している任意継続被保険者制度があると聞きました。その仕組みについて教えてください。」って・・。

まさしく私です。(笑)

あるいは↓


「定年退職後の住民税の支払いについて、注意することはありますか」って。

定年退職後、働いていなくても住民税は納税義務が発生します。
私です(こちら)。


「今年5月に定年退職しましたが、確定申告は必要ですか」

これなどは退職月まで一緒。(笑)

・・

とまあ、定年退職される方はこちらの資格の勉強もされるといろいろ役に立つと思います(受験するかどうかは別として)。
実際に私自身は役立っています。推奨いたします。

 

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

金融業務3級シニアライフ・相続コース試験(シニアライフ・相続アドバイザー)

今日は金融業務3級シニアライフ・相続コースを受験してきました。
もともとはシニアライフ・相続アドバイザー試験として年2回マークシートのペーパーテストだったようですけど、現在はCBTでの試験となります。FP2級の試験後の忘備のブラッシュアップのため検索したらちょうどよい資格がありましたのがこれです。
試験勉強時間は販売士試験(こちら)が終わってからの4日間、8時間ほど。
こちらの問題集のみの勉強でした。

 

シニアライフ・相続アドバイザー試験問題集

結果は合格。(100分の制限時間でゆっくり50分ほどの解答時間でした)

 シニアライフ・相続アドバイザー試験合格

・・ですけど、ちょっぴり結果に不満。
いえね、点数が不満というわけじゃなく、CBTなんで間違った箇所の復習ができない。いったいどこが間違ってたんだろうなぁ。(と気持ちがしっくりこなくて不満足ってことです)

ま、いっか。
ともかくも『シニアライフ・相続アドバイザー』と認定されるようですし。(苦笑)

 シニアライフ・相続アドバイザー試験概要

 

リテールマーケティング(販売士)2級検定試験・受験結果

先日(7/13)商工会議所にて販売士2級の試験(こちら)を受けました。
私の市では20人くらいが受験してたかな。
なんとなく流通業に関わっている人っぽい方が大半でした。
周りを見渡すと私が最高齢だったように見えました。

販売士試験

で、本日やっとユーキャンで解答速報(こちら)が発表されました。

速報による自己採点の結果。

1.小売業の累計 94/100
2.マーチャンダイジング 83/100
3.ストアオペレーション 86/100
4.マーケティング 83/100
5.販売・経営管理 87/100
計 433/500

(合格基準:得点が平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上)

5科目の平均が86.6点ですので、マークミスがない限り合格できたようです。
問題集2冊のみでの受験勉強でしたから(こちら)、若干知識が不確かな問題もあったのでちょっぴり不安も持っていたのですけれど、、この結果をみて安堵しました。

今回手こずったのはアルファベットの略語。
SCM DCM ISM VMD LSP FSP など、紐解けば分かるけど、初めはなんじゃこり?
あと法則や理論も。
ライリーの法則とかハフモデルとか。

来年2月に上級試験(1級)がありますが、、自分にはなかなか手ごわいかなぁ。
経営学部や商学部で学んだ方ならマーチャンダイジングとかマーケティングとかの勉強をしてても頭に入りやすいのかもでしょうけれど、私はなんたって文学部卒(それも哲学科(汗))。勉強してて興味がわかないとまったく頭に入ってこない。(拒否反応すらおこしたり)
商売するにはとても大事なことなんですけれどねぇ。うーん、もう少し頑張ってみようかとも思いつつ、今のところ1級受験は保留とします。(逃)

ま、でもいろいろな意味(苦手分野の確認を含め)で今回の受験は大変ためになりました。販売士試験の範疇って中小企業診断士試験の内容とも被っているようで(分からないこと検索すると診断士の受験サイトの説明がヒットしたりしました)、経営的分野の内容も学べましたし。ね。

・・

近況備忘録。

7/13~15。お盆。(私、東京出身なので7月にお盆をやります)
7/12 迎え火。
7/13 午前息子来る。午後販売士試験。夕方弟夫婦来る。(遅くまで飲む)
7/15 送り火。

 

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

このブログにつきまして(2019/7/9の現状を追記)

私のもうひとつの物語。
当初は5月の定年後が『本章』としていました(こちら)。

が、一向に物語が始まりません。

当初は定年シニア起業に打って出ようとしていましたけれど・・
その後いきなりの起業は(びびって)思い止まり白紙にしました(こちら)。

今現在の正直な心境を自己分析すると就職8割・起業2割という方向性かなぁ。(起業するって大口叩いてた割には無難な選択と言われそうですね、スティックさんすみません)
ただし安易に進路を決めることはせず、「私が私として生きる道」にこだわって、進む方向を決めたいと考えています。そして『感謝と奉仕』を理念にかなった選択をしたいと思います。(この先就職するにしても起業するにしてもね)

今は、昨日のハローワークの職業相談でアドバイスいただいた第3の選択肢に気持ちが大きく傾いてきています。さらに販売士の勉強をするうちに消費生活相談員という資格にも興味を持つようになっています。

・・

ということで。
もうしばらくは第一章に入る前の『序章』が続くようです。
(長い長い序章になりそうですけどね。)
よろしくお願いいたします。

 

ハローワーク・初回失業認定

今日はハローワークの初回失業認定手続きの日でした。

これまでの流れ。

5月31日 定年
6月8日  雇用保険離職票等が退職した会社より郵送で届く
6月10日 失業給付手続き(ハローワークにて)
6月16日 待機期間(7日間)満了
6月21日 雇用保険の基本手当(失業給付)の初回説明会(ハローワークにて)
(※この初回説明会が初回認定の求職活動実績になってます)
7月8日(今日)初回失業認定 (ハローワークにて)

今日の動き。

8:50 指定時間の10分前に到着(認定指定時間は9:00より)
    →ファイルに雇用保険受給資格者証と失業認定申告書を入れ順番待ち
8:55 番号にて呼び出し
    ―書類の確認など―
    →座ってお待ちくださいとのこと
9:05 別の窓口より名前を呼ばれる
    ⇒処理済みの雇用保険受給者資格表を返却される
     「入金額を確認ください」
     「振り込みには一週間ほどかかります」
     「次回認定は8月〇日です」
   等々、事務的な説明
    →次回の失業認定申告書を配布される
     「本日は初回ですので職業相談をしていってください」
     私「かしこまりました」
手続きは10分程度で終了。

9:00頃 職業相談(求職実績になるとのこと)
    実は非常に有意義な情報をいただきました。
    この話の内容は私個人の深いプライバシーにまで食い込みますので、
    安全上の理由からここでは書かずにおきます。(申し訳ないです)
    ただ私の進路として第3の選択肢となり得る興味深い情報でした。

職業相談後、職業訓練制度についても興味があったので係を覗いてみました。
部屋に入ったとたん、視線が合った職業訓練の相談員の方より声をかけられる。
    係員「どうしましたか?」
    私「いえ、職業訓練とはどんなんでしょね?と気になりまして・・。
      あっと覗いただけですので、どうぞお構いなく」
    「でしたら個別にご説明いたしましょうか」
    「何も決っておらず、お時間の無駄になってしまったら申し訳ないです」
    「大丈夫ですよ、概略だけでも聞いているとお役立ちになると思いますよ。
     どうぞどうぞ、おかけください。求職活動実績にもなりますし」
求職活動実績!
そうなんだ、ではお願いします、と説明を受けました。
(職業訓練制度については時間がとれたら後日また別頁で書こうと思います。)

という感じで一連の初回失業認定手続きは滞りなくスムーズになされました。
事前に考えていたより、ずうっと、ずぅーっとソフトな手続きでした。
特筆すべきは今日一日で次回の求職活動の実績が備わりましたことです。


案ずるより産むが易し、って感じ、ですかね。

 

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

還暦原点考察5~『感謝と奉仕』~

60歳まで生きてきた。
生きてこれた。
生きてこられた。
生きさせてもらった。

誰に?

この世界に。
この日本に。
この社会に。
私の身の回りの人々に。

 

還暦を迎えた私は。

生きさせてもらったこの世界に感謝したい。
社会に感謝し、恩返しして生きたい。
これからの人生は『感謝と奉仕』を是として生きたい。

生きる。

いや、、生きよう。