TwilightSmile

 ~ 定年 another story ~

健康保険任意継続と人間ドック

以前こちらで記しましたが、私は健康保険を任意継続しています。
任意継続とは、会社を退職した際に希望により最長2年間継続することができる制度です(要件として、継続して2ヶ月以上加入実績があること、資格喪失日から20日以内に申請することがあります)。
退職後の健康保険の選択肢としては、任意継続か、国民健康保険かのどちらかになりますけれど、定年退職の場合は退職前の収入がネックになり、国民健康保険にするとやたら保険料が高くなります。
そのため私の場合は任意継続を選択した方が有利ではありました。

ただし。
退職前は保険料の半額が会社負担ですが、任意継続の場合は全額自己負担。
私の場合、その保険料っていったら、5万円近く・・。
無職の私にとっては結構な負担になっています。

(それは仕方ないとして)

今日は人間ドックを受けてきました。
昨年までは会社の総務から受けろ受けろと督促があって受けてました(福利厚生のしっかりしたいい会社でした)。
が、今回は自発的に。

会社を離れひとり無職で漂う私。
自分のことは自分で注意しなければなりません。
(あたりまえのことって言っちゃ、あたりまえのことですよね汗)

ちなみに全額健康保険組合の負担です(45000円まで)。
任意継続者であっても同じサービスを受けられるのですね。
健保に確認して知りました。

(知らなかったのは私だけ?恥)

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

離職者再就職訓練(備忘録)

今更ながら昨年後半受けた離職者再就職訓練について書き残しておきます。
個人的な備忘録です。

・・

開講式についてはこちらで書きました。(2019-10-01)
以降3ヵ月にわたり、雇用保険を受給しながらのありがたい訓練。
私が学んだのはWord、Excel、PowerPoint、Accessの基本でした。

振り返って一番の収穫は、そうしたIT技術もさることながら、何より、60歳にして再び学校という環境に身を置けたことです。クラスは28人ぐらいだったかな、最年少はなんと20歳、最高齢は66歳、利害関係のない多種多様な人々が同じ内容を一緒に学ぶ環境は得難いものです。
決められた時間に登校し、自席について午前3時間、午後3時間、50分で10分の休憩、みっちり制限された空間で勉強する。窮屈ではあったけれど、それが懐かしく楽しくもありました。小中学校に戻ったような。

もっとも、就職のための訓練です。
うとうといていたら厳しく注意されます(私はそんなことはありませんでしたが)。
規律は厳格でした。

キャリアコンサルタントの就職支援の授業もありました。
履歴書・職務経歴書などの応募書類の書き方をきめ細かく教えてくださいます。
グループに分かれて面接の練習もしました。

あと、週1日、就職活動日がありました。
その日はハローワークに行って相談し気になる求人票をもらってきます。
希望すれば翌日キャリアコンサルタントに個別指導を受けられます。

授業はどんどん進むので、3ヵ月があっという間でした。
おかげさまでExcelはVLOOKUPとか関数やピポットテーブルなど使いこなせるようになりましたし、PowerPointでひととおりプレゼンできるようにもなりました。
なにより、タッチタイピングができるようになりました(遅いけど汗)。

・・

以上備忘録。

あとは就職先なんだよな・・。
60代の就職戦線はなかなか厳しいものがあります(何度か書いてるけど)。

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

マンション管理士試験合格しました

実は去年の11月24日、マンション管理士試験を受験していました。
で、昨日合格発表日でした。

マンション管理士合格証書

 

昨年10月~12月は離職者再就職訓練を受講中でしたので、受験準備は一ヵ月、一昨年受験した管理業務主任者で使った参考書1冊のみでダメもとでのチャレンジでした。
合格率は8.2%とのこと(こちら)。
よくぞ合格できたものだ・・と驚きつつ・・、でも、やっぱり合格はうれしいものです。(合格点はギリギリでしたけど。汗)

これでいわゆる不動産三冠資格(トリプルクラウン)達成です。(宅建/マン管/管業

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

新年早々、いきなり大きな出費

あけましておめでとうございます。

・・
近況備忘録。

12月29日。娘、姫路より帰省。

12月31日。給湯器より異音、年末に修理依頼。

1月1日。8時より娘を伴い妻と3人で墓参り。その後近所の神社に初詣。
    12時半、弟夫婦とその息子が年始に来る。寿司を振舞いお酒飲む。
    16時半、弟夫婦とその息子帰る。
    17時半、ガス屋が給湯器点検に来る。器具が古いので交換となる。
    見積りを出してもらう。ついでにガスコンロと換気扇交換の見積りも依頼。
    メーカーが休みの為、6日以降の発注で工事は第3週になるという。

1月2日。昨日のアルコールが残り体調悪し。朝より駅伝を見てゴロゴロ過ごす。
    午後より妻と娘の買い物のお供。

明日(1月3日)は息子夫婦を連れ妻の実家に年始に伺う予定。

・・

年末にボワンボワンと大きな異音がし、給湯器の調子が悪くなり困りました。で、修理を依頼しようとネットで検索すると、ステマサイトと思われるようなところばかりでイマイチ信用できませんねぇ。前職(建設業界)のつてを頼って依頼しようかと一瞬考えましたけれど、12月31日に電話するのは無礼だし躊躇し思いとどまりました。

結局地域新聞に年中無休と載っていた近くのガス屋に電話しました。そうしましたら、大みそかの日に依頼して、元旦に見に来てくれるというありがたさ。新年早々汗かきかき工事道具持って来てくれた方に、こちらはアルコールが入ってのんびりしているところ、いたく頭が下がりました。
見積りもネットで検索したよりずっとリーズナブルで、即決ですべてお願いすることにしました。

いきなり大きな出費になってしまうけど(無職なのに・・)・・
給湯器は適時に交換しないと危険ですし、コンロも古くなっていたので交換することで妻も喜びます。新年気持ちよく気前よくスタートしましょう。

縁起物ということで。ポンッ☆

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

大みそかに書くのも何なのですが・・60歳代の求人状況

序章では起業か就職かといろいろ迷っていました(こちら)が・・
今、私の舟は就職の方向で進んでいます。

10月以降は職業訓練を受けながらハローワークに通い、求人に応募してきました。
履歴書・職務経歴書など応募書類を準備し。
職業訓練校のキャリアコンサルタントに相談し、面接のトレーニングもし。

書類選考で落ちたところもあり、面接で落ちたところもあり。
実は内定をいただいた先もあり(ただし雇用条件や社風があわず辞退したり)。
現在は1社のみ年明けの役員面接待ちとなっております。

 

以下、就職活動で感じることを書き残しておこうと思います。
(定年、再雇用辞退、で退職した60歳の大みそかの独り言。笑)

・・

60歳代の求人状況はなかなか厳しいものがあります。
ここ数カ月就職活動をしてみた実感です。
選択肢が偏っているって言いますか、少ない。

求人がないってことではないんですけれどね。
選ばなければある。しかし自分の希望する条件で探すとない。
ということです。

例えば、通勤時間を考えて探すと、ない(私は千葉県民です)。
いや、県内にもありますよ、たくさん求人が。
ただし職種は限られています。

通勤時間を考慮せずに探してみると、希望する職種があったりもします。
ただし、通勤時間は1時間を超え、毎日満員電車に揺られて通うことになります。
とてもワークライフバランスを考えた就職にはなりません。

私、定年退職前は毎日2時間近くかけて通勤してました(こちら)。
千葉から埼玉の某市まで朝5時に起きて帰ってくるのは夜の9時、10時過ぎ。
できれば通勤時間は1時間以内に抑えたいのが本音です。

そうすると思うような就職先がない。
ないものねだりなのでしょうか。
うーん、なかなか割り切れないものがあります。

・・

60歳代は求人の条件もなかなか厳しいですよね。
賃金(税込)は新卒の大学生並みか、それよりも低かったりします。
ややもすると妻のパートの時給並みか、それよりも低かったりもします。汗

大学を卒業し38年キャリアを積んで、それなりに知見を有する人材(私がそうかは別として・・)が、60歳になったからといって、急激に能力が減退するわけでもないのに、なぁ。
なんともやりきれない思いもします。

いや、それなりの賃金の求人がないわけではないんですよ。
でもね、あったらあったで、かなりのハイスペックが求められます。
かつ、都心にしかない。(通勤1時間半とか)(苦笑)


「ワークライフバランスがー 」とか
「賃金がー 」とか

これまで雇用保険をいただいていた身だからこそ言える「我が儘」。
と、言われそうですね。

ただね。
これが60歳再雇用辞退定年退職者への求人の、現実なのです。


~流浪の日々~


・・

あと数時間で今年も暮れますね。
みなさま、よいお年をお迎えください。

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

第一章のカテゴリーは『流浪の日々』

振り返るとちょうど一年目の記述(こちら)。
「私は定年で会社を辞す」

この記述通りに私は今年5月に定年退職しました。
それから7ヶ月の月日が流れたのです。
早いものです。

定年後アナザーストーリーを描こうと思い立った私ですけれども、傍目からは漫然と無職で過ごしているようにも見られてしまいそうですね。
そうした見方もあるでしょう。
実際に無職ですし。

だけどね、今の私には私の人生を歩んでいる実感があります。

定年後の、その後の人生は余生ではなく、別の人生が始まる。
続編ではなく、内容の違った新編が始まる。(こちら

60才、定年。
私の人生のピリオド。
一冊の本は終わった。

第一章のカテゴリーは『流浪の日々』。

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

離職者再就職訓練修了(第一章の始まり)

長らくご無沙汰しました。
年末になってしまいましたね。月日が経つのは早いものです。

一昨日27日に無事離職者再就職訓練、いわゆるハローワークの職業訓練を無事(?)修了いたしました。3カ月、あっという間でした。
訓練受講中は雇用保険が追加延長され、基本手当が給付されます。5月末で定年退職し6/10日頃に給付手続きをした私は本来、そこから120日、10月の中旬頃で給付が終了することとなっていた(こちら)のですが、訓練を受けることによって私は一昨日まで失業手当をいただきながら勉強をさせていただきました。ありがたいことです。
(修了式後ハローワークに手続きに出向いたら、さらにありがたいことが起きたのですが、それは別の記事で触れたいと思います)

この3カ月間、いろいろありました。
職業訓練の内容(ITビジネスの実務を学ぶ講座)の勉強(315時間)、就職支援を受けながらの就職活動、いくつかの資格試験の受験など。
エーちゃん(矢沢永吉)のコンサートも見に行きました。

そして今再び、来年に向けて始動をする、私です。
よろしくお願いいたします。

・・

序章はもう終わったかな。
ページを捲ると「第一章」の文字が浮かんでいます。

 

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング