TwilightSmile

 ~ 定年 another story ~

パラリンピックが終わって

昨夜パラリンピックが閉幕しました。
7月23日に開幕したオリンピックから昨日9月5日パラリンピック閉幕まで、新型コロナウイルスの影響で1年延期された東京2020大会は、2021年コロナ禍の日本の夏を国民に勇気と感動を伝えながら、駆け抜けるように全日程を終えました。

「ARIGATO(ありがとう)」

オリンピック閉幕の時も記しました(こちら)が、パラリンピックを終えた今、より一層、ただただ感謝の気持ちでいっぱいになります。
多くの皆さんのご尽力により多くの困難を乗り越えて、開催できてそして無事終了できて、本当に良かったと思っています。

・・

パラスポーツ。
正直これまであまり見たことがなかったのですけど、今回は自国開催ですし、ステイホームでテレビを見る時間が増えて、画面を通して初めて競技の魅力をいろいろと感じました。毎日のように見ていたのでどれがどうと書き連ねると駄々長くなってしまうので、ひとつだけ挙げておきますと、。

ボッチャ。
これね、ルールは単純なのですが、それが実際の競技は単純ではない。
投げる、転がす、他のボールに当てる等の正確性もさることながらかなりの頭脳戦。
持ち球は対戦するチームそれぞれ6球しかない。

一投も失敗が許されない緊張感。
一投ごとに戦局が変わる。
見ていてぐっと引き込まれ目が離せない。

解説の人が一投ごとに画面にマーカーでポイントを書き入れて、ここを狙うとか言うんだけど、おいおいそんなコントロールだれができるんだよと。
だけど、選手はそれが出来ちゃうんだよね。
障害をもった方がさまざまな投げ方でぴたりと寄せる。

(すげえ)と感嘆してると、うまく寄せたの選手の雄たけび。
そして、真面目そうな解説者が、“びたびたですね~”と。
おおっとこれスケボーで聞いたフレーズ、でもほんとびったびたじゃんとにやにやしたりして。

あとすごいなぁと思ったのがBC3のアシスタントの方。
アシスタントの方はまったくコートの中を見れないんですよね。後ろ向きですべて選手の指示によってランプの調整や設置、ボールを丸めたり置いたりする。
固い絆で結ばれた信頼関係による一体感が、ぐっと画面越しに届いて、なんかね、自分もその一体感を感じて繋がって、うまくいってくれ、と祈るような気持ちになって選手を見つめていました。

パラ陸上の視覚障害の伴走の方を見ていても感じましたが、障がいの有無にかかわらず、誰もが尊重し合い、自分の可能性が発揮できる「共生社会」の実現、のためには支えあい信頼しあう心、が大切なんだなぁとしみじみ思いました。


・・

そして。
菅総理が退陣されるんですね・・。
「滅私奉公」という言葉が真っ先に頭に浮かびました。

コロナ対策は命か経済かという二者択一の選択を迫られ、オリンピックは開催するかしないかの選択を迫られ。この時期に総理をされたこと、想像を絶するほどの苦労だったかと察します。1年と短命ではあったけど、今までの総理の中でもトップクラスで大変な1年を務められたと思います。

誰が舵取りしても難しい時期でした。
なんだかんだと文句を言われながらもワクチン接種も進みました。
世界ではワクチン不足で深刻なのにね。

1日たりとも休まる時はなく心身ともに疲弊されたことでしょう。
昨夜のパラリンピックの閉会式でも大層くたびれた様子が窺えました。
菅さんを全面的に支持する訳では無いけれど、とにかくお疲れ様でしたと申し上げたいです。

菅さん。世界中がコロナで希望が失われるさ中、何を言われようと投げ出さずに開催に漕ぎつけてくださった東京オリンピック、パラリンピック。世界中が大きな感動と勇気をもらいました。
これはあなたの大きな功績のひとつと思います。
心より感謝しています。ARIGATO。

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

閉会式で映し出された鮮烈な映像を見て考えたこと

たくさんの感動を受けたオリンピックでしたが、閉会式は酷評されています。
私自身もなんともパッとしない単調な閉会式だなぁと見ていました。
でもコロナ禍だし、閉会式が質素に淡々と進むのも致し方ないかなと思ってました。

ところが。
突然として鮮烈な映像が飛び込んできました。

澄み切った突き抜けるような青い空。
フランス国旗を手にし引き継ぎセレモニーに拍手を送る大勢の人々。
パリの美しい街並みをバックに仏空軍機がトリコロールのスモークを大空に描く。

東京は「密」を回避し無観客。
パリは市民およそ6000人が集まり大歓声。
「ありがとう、東京!メルシー、東京!」と。

この瞬間、私はとても悲しい気持ちになってしまいました。
ああ、私はこのパリの市民に何の言葉も伝えられない。
マスコミとクレーマーによって無観客にせざるを得なくなった日本を嘆いた。

日本では開会式前にブルーインパルスが飛んで見上げていただけで「密」をおこしたと言うクレーマーがいた(という記事を読んだ)。
世界はもうウィズコロナの時代に入ってきているのに、日本だけがいつまでたっても「感染者数がー」「密だー」「止めろー」。
アメリカ大リーグ、ゴルフ全英オープン、UEFAチャンピオンズリーグなどを見ても明らかなように、日本レベルの感染状況であれば、欧米なら普通に観客を入れていたはずだ。

オリンピック中にプロ野球エキシビションマッチが有観客で58試合開催されていた。
今行われている高校野球も生徒や保護者ら学校OBなど関係者4000人の観客を毎試合入れて開催している。
なのにオリンピックは・・ゼロリスクを盾に、何にでも反対して騒ぐノイジーな勢力に圧され無観客。

緊急事態宣言下の東京は宣言慣れしほぼいつもと変わらぬ生活を続けていた。
にもかかわらず、特に屋外会場などなぜ無観客でなくてはならなかったのか。
そしてあれほどマスコミがリスクを煽り立てていた海外から来日した数万人のオリンピック関係者からはわずか約400人余りしか検査陽性者が出ていない。

・・

今ここに記録しておきたいから書いている。
あとから振り返るのではなく、今書いておく。
マスコミの恣意的な情報や印象操作に惑わされないために、敢えて今。

マスゴミや専門家達は自らの利益、利権のために不必要に国民を煽る。
五輪が終わった途端掌を返したようにオリンピックのせいで感染拡大!と報じる。
それ見たことかとパラリンピックを中止しろと何でも反対クレーマーが騒ぎ出すのは目に見えている。

コロナは今後も変異を続けて無くなりはしなそうだ。
今の日本の状態だと一生自粛になってしまう。
どこかである程度見切りをつけないと、日本は世界からあらゆる面で遅れをとってしまう。

繰り返すがフェーズはウィズコロナの時代に入ってきている。
世界は、ワクチン接種が進み死亡者が減るに合わせて、感染者数が何万でも経済を考え”普通の生活”に戻していくだろう。
私はマスコミの偏った報道に流されず世界の潮流を冷静に判断し自分を対処してゆこうと思う。


と、私は、今、こう考えている。

(数年後か、振り返る未来の私に・・→「その後どうでしたか?」)

 

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

「ARIGATO」(東京オリンピック閉幕)

2週間、テレビの前にに釘付けにされました。
アスリートが持てる力を懸命に振り絞り純粋に競技する姿。
勝っても負けても、メダルを取っても取れなくても常にそこには素晴らしいドラマがありました。

そのドラマを、手を合わせ、ただただ次の一瞬を待ちました。
やったーっと拳をあげました。
あー・・っと落胆しました。
うれしくて泣きました。
可哀そうで泣きました。
一緒に喜びました。
共に悔しい気持ちになりました。

これまでがあって今があり明日につながる。
選手たちのドラマが自分に投影され感動しました。
たくさんたくさんたくさん、勇気をいただきました。

 日本選手だけでなく、世界中のアスリートの皆さん、本当に有難うございました。
コロナで落ち込んだ日本を大いに元気付けてくれました。
スポーツの力は偉大だという事を改めて感じました。

 

「ARIGATO」

 

そして。

大会を陰で支えてくださったボランティアの皆さん、本当に有難うございました。
通常開催ではなかなか見えない皆さんの姿が無観客となったが故によく見えました。
暑い中誘導したりコートの床を拭いたりいつも大変な作業をされておられました。
コロナ禍で我々がしたくてもできなかった“おもてなし”を皆さんが大変な労力をもって実践してくださいました。

一部反五輪マスコミのネガティブキャンペーンからボランティア辞退といったムードに陥ったにも関わらず、屈せず全うしキチンと裏方の仕事をこなしてくださった意識高いボランティアの皆さん。
日本人として誇りに思います。
心から感謝いたします。

いろいろありましたが、終わってみれば国民の大半が感動し開催出来て良かったと思っていると思います。
選手の皆さん、そしてそれを陰で支えてくれた皆さん、ありがとうございました。

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

またも緊急事態宣言

いや参りました。
ワクチン2回目接種後の副反応の様子は昨日書きました(こちら)が、、、
接種後3日目になる今日もまだ腕から背中にかけての筋肉痛が収まりません。
肩から腕にかけてしびれたような違和感も続いています。
熱は平熱に戻っているのですが。
モデルナだからかなぁ。
いずれにせよ、これから2回目接種受ける予定の方は、接種後最低2日間は予定を空けておいたほうがよさそうです。あと解熱剤の準備ですね。

・・

またも緊急事態宣言が発出されましたね。
以前こちらでちょこっと書きましたが、私的にはその効果に疑いを持っています。
ワクチンが高齢者に普及し感染者の多数が20代、30代という中で、一律に緊急事態宣言を出して自粛を呼びかける?
酒類販売禁止?単に飲食店に対して制限をかけても感染者は減少しないのでは?
東京も沖縄もそれをしていても感染者が増えているのでは?
発出するなら発出した後、20代、30代への感染をどうくい止めるかの具体策が必要なのでは?

特にわが県の知事。
「酒類・カラオケ停止」
「劇場やテーマパークなどの施設も含め、午後8時までの営業時間の短縮」
「いま起きている感染爆発は、これまで経験したことがない規模だ」
と宣っておられますが、当県の重傷者用病床はわずか101床しかないのですよ?
他の2県に比して少なすぎます(埼玉165床、神奈川199床)。
感染者数の増加だけ取り上げ感染爆発だと県民の不安を煽り、自粛や要請をするよりも前にもっとやらなくてはならないことがあるでしょうに。

もともと感染者の80%は無症状か軽症といわれてきた新型コロナ。
重症化しやすい高齢者のワクチン接種が進んだ今、フェーズはウイズコロナの段階に入っている。
政府や行政、知事会や医師会、マスコミなどの恣意的な情報や印象操作に惑わされないよう、冷静に情報を見極め判断し、宣言に対処してゆこうと思っています。

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

2回目のワクチン接種と副反応

オリンピック毎日の熱戦で盛り上がってますね~。
東京五輪を開催してよかったと思う人も77%を超えているとか。
一部のマスコミのプロパガンダ的なネガティブキャンペーンで世論の大部分があたかも開催中止を望んでいるかのように喧伝され続けていたけれど、実際に始まってみれば多くのサイレントマジョリティーは開催中止を望んでいたわけではなかったということが明らかになってきているように思います。

私も自宅TV前に釘付けで、チャンネルをカチャカチャ回しながら応援しています。
いろんな競技が同じ時間帯でいっぺんに熱戦を繰り広げていて見きれないですが。
オリンピックは確実にステイホームに一役買っていますよね。(あ、私の場合です)

・・

さて一昨日2回目のワクチン接種を受けていました。
接種場所はもちろん1回目(こちら)と同じ自衛隊の大規模接種センターです。
15:00の予約でしたが会場には14:25に到着しました。
(仕事は午後から職免です。ありがたいことです。)

前回同様チャッチャッチャと完璧なオペレーションにより10分ほどで接種まで進み、待機時間を含め会場をでたのが14:55。なんと30分ですべてが終わりました。

ワクチン接種済証

なんといいますか、これでフリーパスポートを得た気分。(違)
解放され大手を振って町を歩ける。(違うってw)
うーん、シャバの空気はうまい。(絶対違いますww)

・・

と能天気な私であったが、、
しばらくして副反応が!!
1回目はそれほどではなかったのだけれど・・。(こちら

まず打った直後から→なんか腕が痛い?
2時間後ぐらい→腕から背中にかけて痛くなってきた。
前回はのん気にビール飲んじゃったけれど今回はやめておこう・・・。

夕食時→結構痛い。腕上がらない。
ま、副反応だし。たいしたことないかな。
今夜は早めに寝よう、って言いながらもTVでオリンピック見てる。

夜10時ぐらい(接種後7~8時間)→ちょっと寒気がする。
やばいかな、寝よう。
と寝たが夜中に腕から背中にかけての痛みで2度も3度も起きる。

よく眠れずもうろうとしたまま朝を迎える。
腕から背中にかけて強度の筋肉痛。
ぞくぞくと寒気がする。→熱を測る→37.1℃。

ほんとやばいかも。バファリン2錠飲んで横になる。
意識もうろう。
風邪にかかって熱出したみたいな感じ。倦怠感。

昼。食事を取るため起きる。食欲はある。
意識はもうろうとしたまま。熱を測る。→37.7℃。
ずいぶん高くなってる・・。大丈夫かな、オレ。

また寝て夕方起きる。17:00。熱を測る。→38.6℃。
体を動かすのもしんどい。てか、動けない。
これってもうやばい領域越えた??

止むを得ずバファリン1錠のむ。
ほんとはそんなに続けて飲んじゃいけないんだろうけど。
それどころではない。

倦怠感、体の痛み、熱による意識もうろうは続く。
ただ食欲はあるんだよね。そこは風邪ひいた時と違う。
19:00夕食。→バファリンもう1錠いっちゃえ。

風邪をひいて高熱を出したような疑似体験。
来年3回目の接種があるかもだけど・・、
副反応がこんなにつらいならもう打ちたくないというのが正直な気持ち。

・・

さて一夜明けて今朝(接種後2日目)。
あれま、熱下がってます。→平熱。
肩の痛みはまだ残っているけど、体は動かせるし、ま、大丈夫かも。

で、夕方。今書いている私。
接種した腕の周りに痺れがある?違和感。
でもこうしてキーボードは打てています。

明日になったら全快かも。(てか、病気ではないw)

・・

ワクチン接種の帰り、東京駅前をぶらり歩いたらありました↓。

東京駅前 パラリンピックモニュメント

東京パラリンピックまであと25日(7/30日時点)。
開会式は8月24日。
オリンピックに引き続き成功に導きたいものです。

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

私たちが今ここに集っている、この瞬間を大切にしましょう。(東京オリンピック開会式)

昨夜の東京オリンピック開会式。
素晴らしいの一言でした。
こんなにも素晴らしい開会式ができて、日本人として誇らしく思います。

この日のために多くの方が努力し、前を向いてやってこられました。
開催反対を唱えるの一部の声にいろいろと辛い思いもされたこともあったでしょう。
本当にたくさんの困難を乗り越えて、良くここまでこぎつけたものです。
大会に関係するすべての方々に心から感謝と称賛を送りたい。

今この瞬間(とき)も世界中でパンデミックが猛威をふるっている。
今この瞬間(とき)も紛争や弾圧によって自由が損なわれている国や地域がある。
この今この瞬間(とき)にここ日本で開催するオリンピック。
様々な困難をそれぞれに乗り越えてここ東京に集ったアスリート。

すべてのアスリートが屈託のない笑顔で行進する姿を見て、私はジーンときちゃいましたよ。

・・

Faster, Higher, Stronger, Together
より速く、より高く、より強く、ともに。

『私たちが今ここに集っている、この瞬間を大切にしましょう。(中略)
この一体感は、すなわち、パンデミックの暗いトンネルの終わりにある光です。
パンデミックは私たちを分断しました。お互いに距離をとらせます。愛する人から離れることすら求めます。この分断は、このトンネルをとても暗くしました。
しかし、今日、あなたが世界のどこにいても、私たちはこの瞬間を共に共有することで団結しています。聖火は、この光をより明るく輝かせます。』
(バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長のあいさつより引用)

とても心に響きました。
私もこの瞬間(とき)を大切にしたいと思います。
ともに。

・・

さて開会式で特にぐいぐいっと引き込まれたのが、何を隠そう「ピクトグラム50個の連続パフォーマンス」(こちら)でした。
なにこれ?って思ってみているうちにぐいぐいと引き込まれあっという間に心奪われました。コミカルでかつ正確。次から次へと流れるように。それも全世界生中継で。すごい!!
たぶん世界中の人がひとつになったパフォーマンスじゃないかな。

あとはこれ↓ですね。

東京オリンピック 開会式

なんときれいなんでしょう。
東京の夜景に浮かび上がった地球。
美しさに魅了されてしまいました。

・・

そうそう、上の写真にも写っていますが、これ↓。

東京オリンピック 我が家の応援グッズ

我が家の(というか私の(笑))応援グッズ。
自宅でTV見ながら扇子を振って応援します。
声よ届けと願いを込めて。

頑張れニッポン!!

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

Welcome to Japan!

昨年来世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るい、いまだ多くの国で多くの困難と闘っています。
変異株も発生し人類とコロナウイルスとの闘いは長期的な闘いとなりそうです。
日本はこの困難な時期にオリンピックを開催します。
とても残念ですが、日本を訪れる皆様に開催決定時にお約束した“おもてなし”は十分にはできそうにありません。

しかし“おもてなし”をしたい、しようとする心を失ったわけではありません。
ほとんどの会場で観客を入れずに行われることになってしまった東京オリンピック。
外国のお客様と接触する機会はまったくありませんが、オリンピックの成功を心の中で願い続けています。
多くの困難を乗り越えて日本に来てくださったアスリートの皆様、そしてTV越しに日本を見てくださる世界の皆様。

 

Welcome to Japan!

 

・・

東京オリンピック、いよいよ明日開幕ですね。
多くの難題を乗り越えてここまで漕ぎつけた大会関係者のご苦労に頭が下がります。
大会期間中もいろいろ障害が起こりうるでしょうが、無事に会期を終えれるよう祈ります。

1年延期となりモチベーションの維持など様々な困難に直面したアスリートたち。
国内ではオリンピック開催に世論の賛否が分かれ、なかには心無い「逆風」に晒された選手もいた。

世の中にはいろんな人がいる。
それで成り立っている。
だから反対する人もいる。

でもね。応援している人もたくさんいる。
心の中で言っている。
頑張れって言っている、聞こえるかい、頑張れ~。(あ、ブルーハーツ

・・

『東京2020大会では、「すべての人が自己ベストを目指し(全員が自己ベスト)」「一人ひとりが互いを認め合い(多様性と調和)」「未来につなげよう(未来への継承)」を3つの基本コンセプトとし、「史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす大会」の実現を、大会ビジョンとして掲げています。
ダイバーシティは「多様性」「一人ひとりのちがい」、インクルージョンは「包括・包含」「受け入れる・活かす」という意味を持ちます。多様性は、年齢、人種や国籍、心身機能、性別、性的指向、性自認、宗教・信条や価値観だけでなく、キャリアや経験、働き方、企業文化、ライフスタイルなど多岐に渡ります。
多様な人々が互いに影響し合い、異なる価値観や能力を活かし合うからこそイノベーションを生み出し、価値創造につなげることができます。「ちがいを知り、ちがいを示す」、つまり、互いを理解し、多様性を尊重するからこそ、個々の人材が力を発揮できる。』
(東京2020ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)より転載(こちら))


人類と新型コロナウイルスとの闘いは長く続く。
世界はウィズコロナの時代へ。
東京オリンピックの意義は今この時期にここ日本で行われるからこそある。

東京オリンピック2020。
心の中で大声援をおくり全力応援しています。

 

にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング